自動取引システムのための必勝パターン

売りと買いの必勝パターン


自動取引システムのための売買シグナル発動条件

この項目にある動画や資料は自動取引システムを開発するにあたって、シグナル発動条件の基礎となるものです。

 

寄り付きは買いから入った方が良いパターンと売りから入った方が良いパターンに分類して表示しています。

 

なお、これらの動画はすでに無料メルマガで配信したものです。サイトにアップされるのが待てない人は、左メニューの一番上から無料メルマガ購読を登録してください。

買いの必勝パターン

 

パターン

説明

動画・資料URL

1.ブルパターンでの下窓・二空形成 上昇トレンド発生中に2日連続で下窓を開けて寄り付いた場合。また、ギャップダウン幅に比例して、陽線率が上昇。 https://youtu.be/Gk-NmC6IMKA
2.オシレーターの「売られ過ぎ」 RSI5日が20以下の場合、陽線率が上昇します。 https://youtu.be/jbXY0URAifU
3.寄り付き日足−3σ下放れ 日足−3σを下放れるとほとんどの売り方が大きな含み利益を持った状態になります。また、「前場買い&後場売り」手法に適したデータ等もご覧いただけます。 https://youtu.be/0qoEDZgF6nM
4.寄り付き日足−2σ下放れ 日足−2σを下放れると多くの売り方が大きな含み利益を持った状態になります。また、「前場買い&後場売り」手法に適したデータ等もご覧いただけます。 https://youtu.be/HN58vzTF_8A
5.寄り付き日足+2σ下放れ 日足+2σの上を推移している状態では、大半の買い方が大きな含み益を持っています。押し目で利益確定の後、新規買いが入りやすくなります。 https://youtu.be/QU9DHzpJSEw
6.寄り付きLBOP下放れ ピボット指標の「LBOP」を下放れると売り方の買い戻しが入りやすくなります。 https://youtu.be/AIwNAg4Q4Bk
7.強いダウントレンドの中でのギャップダウン 日足−2σの下で推移している時は、強いダウントレンド発生中である場合が多くなります。更に、ギャップダウンで寄り付いた時は、売り方の含み益が膨らむので、利益確定の買い戻しが先行しやすくなる場面です。 https://youtu.be/bIgzmKSr4hs
8.強い上昇トレンドの中でのギャップダウン 日足+2σ上で推移している時は走る上昇トレンドが発生中の場合が多くなります。ギャップダウンで始まるという事は、買い方の利益確定が先行する形。そして、資金を回収した買い方が再び新規買いを入れてくる場面です。 https://youtu.be/ztHZYCWFqtg

 

売りの必勝パターン

 

パターン

説明

動画・資料URL

1.ベアパターンでの上窓・二空形成 下降トレンド発生中に2日連続で上窓を開けて寄り付いた場合。また、ギャップダウン幅に比例して、陰線率が上昇。 https://youtu.be/OOl1dISTxz4
2.オシレーターの「買われ過ぎ」 RSI5日が80以下の場合、陰線率が上昇します。 https://youtu.be/KHTB7SOR_1o
3.寄り付き日足+1σ上放れ 日足−3σを下放れるとほとんどの売り方が大きな含み利益を持った状態になります。また、「前場買い&後場売り」手法に適したデータ等もご覧いただけます。 https://youtu.be/0qoEDZgF6nM
4.寄り付き日足+2σ上放れ 日足+2σを上放れて寄り付いた場合、買い方が利益確定に動く、売り方が新規売りを仕掛ける、と言う2つの背景から売りが出やすくなります。 https://youtu.be/OcGTKVDM0Vs
5.寄り付き日足+2σ下放れ 日足+2σの上を推移している状態では、大半の買い方が大きな含み益を持っています。押し目で利益確定の後、新規買いが入りやすくなります。 https://youtu.be/QU9DHzpJSEw
6.寄り付きHBOP(high breakout point)上放れ ピボット指標のHBOPを上放れると買い方の利益確定売りが入りやすくなります。 https://youtu.be/ijEQt7OQc6s
7.強い下降トレンドの中でのギャップアップ 日足−2σ下で推移している時は走る下降トレンドが発生中の場合が多くなります。ギャップアップで始まるという事は、売り方の利益確定が先行する形。そして、資金を回収した売り方が再び新規売りを出してくる場面です。 https://youtu.be/rkKClbjuIjc
8.強い上昇トレンドの中でのギャップアップ 日足+2σの上で推移している時は、強い上昇トレンド発生中である場合が多くなります。更に、ギャップアップで寄り付いた時は、買い方の含み益が膨らむので、利益確定の利食い売りが先行しやすくなる場面です。 https://youtu.be/DBua8ZiRnBw

当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。

受講生・会員ログイン


ホーム RSS購読 サイトマップ
ライブトレードセミナー 手法別セミナー 無料で学ぶ! FXセミナー 受講相談フォーム