相場の事を知らないから負けるのか。

相場の事を知らないから負けるのか。


相場の事を知らないから負けるのか。

負け組の多くのトレーダーは、

 

「自分は相場のことをよく知らないから負ける」

 

と信じている。

 

でも、「相場のことをよく知っていたら勝てる」のだろうか。

 

あるいは逆に、

 

「相場の事を知らなくても儲けている人がいる」のだろうか。

 

 

 

 

まずは「相場のことをよく知っていたら勝てる」と言うのは本当か。

 

これはウソである。

 

優位性のあるトレード手法は、

 

相場のある特定の局面の統計的データを利用して構築されている。

 

例えば勝率65%の手法であれば、

 

いくつかの条件が満たされた場合にトレードを行うと、

 

100回に30〜40回は損失を出すが、

 

残りの60〜70回は利益を出し、

 

合計すると利益が損失を上回る、

 

と言う事になる。

 

 

従って、そのような手法を知っていることは、

 

ある特定の局面における相場をよく知っていることと同じだ。

 

でも、いくら優位性があるトレード手法を知っていても、

 

ルール通り実行できない人はいくらでもいる。

 

大半の訓練されていない普通の人は、

 

ノーベル賞受賞で有名な、

 

あのプロスペクト理論通りの行動をとってしまうのだ。

 

 

つまり、

 

目の前の利益はすぐに確定し、

 

損は出来るだけ避けようとする、

 

損大利小に結び付く行動パターンを取るのである。

 

従って、手法のルールなんて守れないのである。

 

 

 

では「相場の事を知らなくても儲けている人がいる」はどうか。

 

これは真実である。

 

 

例えば、相場のことなど知らなくても、

 

プロのトレーダーに指示されるがままにトレードを実行できれば、

 

それで十分勝てる。

 

あるいは、

 

実績のあるシステムトレードを行えば

 

システムの中身を知らなくても、

 

システムが稼いでくれる。

 

 

勝ち組のトレーダーは相場が次にどうなるかを知っているわけではない。

 

彼が唯一知っている事は、

 

上の例で挙げた手法なら、

 

「条件がそろったところで仕掛ければ、

 

100回のうち30〜40回は必ず負け、

 

60〜70回は必ず勝つ」

 

と言う事実だけである。

 

 

そして、彼が唯一完遂しようとしていることは、

 

統計的優位性を引き出すために、

 

ルール通りにすべてのチャンスを見逃さずに建玉し、

 

利確ポイントに到達したら利確し、

 

損切ポイントに到達したら損切する。

 

滞りなく、この作業を繰り返す。

 

なぜか。

 

回数が増えれば増えるほど統計的優位性が効果をだし、

 

回数に比例して利益が積みあがるからだ。

 

 

決して、相場がどうなるかが分かっているから儲けているのではないのだ。


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。

相場の事を知らないから負けるのか。関連ページ

なぜ損切りをするのか
なぜ損切りをするのか
人生を変える方法
人生を変える方法
生き残るための損切術
生き残るための損切術
1回のトレードに執着しすぎる愚
1回のトレードに執着しすぎる愚
精神力を鍛える?
精神力を鍛える?
トレード手法はどうあるべきか
トレード手法はどうあるべきか
「勝ち組は10%しかいない」の意味
「勝ち組は10%しかいない」の意味
やる気を引き起こすには
やる気を引き起こすには
成功のトレード法則
誰でもできるけど、ごくわずかな人しか実行していない、成功のトレード法則

ホーム RSS購読 サイトマップ
ライブトレードセミナー 手法別セミナー 無料で学ぶ! FXセミナー 受講相談フォーム