目から鱗の相場学

相場の読み方


相場の読み方

 1.最も簡単に勝ち組になる方法
 2.値幅と時間
 3.ザラ場の時間帯
 4.局面の推移 − トレンドと保合い
 5.出来高とボラティリティー
 6.出来高とボラティリティ(2)
 7.フェイクアウト
 8.板の利用法
 9.寄り付きの仕掛け
10.ファンダメンタルズは必要か?
11.相場は動かそうとする者がいるから動く
12.伏線

 

最も簡単に勝ち組になる方法

今日のテーマはズバリ、「最も簡単に勝ち組になる方法」です。私自身の経験から言えば、「期待値がプラスの手法を1つで良いから使いこなすこと」と言う事になります。私の場合もご多分に漏れず、テクニカルの事をほとんど何も知らない状態からデイトレードに手を出しました。でも、開始から数ヶ月で、いや、たぶんひと月も...

≫続きを読む

 

値幅と時間

スタートアップセミナーの1回目はチャートリーディングにおける最重要事項と言っても過言でない「値幅と時間」についてです。仕掛けポイントを決める大原則です。むやみやたらに仕掛けるトレーダーが犯す間違いや失敗は、ここで説明する考え方が身についていないことが原因である場合が多いと考えます。 皆さんはザラ場で...

≫続きを読む

 

ザラ場の時間帯

皆さんは、ザラ場の中でも値動きに特徴的なものが現れる時間帯がある事に気づきませんか。また、その特徴的な傾向をトレードに活用出来ないかと考えたことはありませんか。 日経225先物のマーケットが開いているのは、9:00〜15:15まで。夕場もありますが、あれは全く別物と見ているので完全無視。さて、これを...

≫続きを読む

 

局面の推移 − トレンドと保合い

皆さんは一日の相場の中にも「上昇トレンド」、「下降トレンド」、「保合い」の3つの「相」あるいは「局面」があって、これら3つの相が循環していると言う事はご存じだと思います。ご存じじゃない方も、もし循環しなければ相場はどうなるか、と考えればすぐ理解できるはずです。 もし、いずれかの相が一日中継続するなら...

≫続きを読む

 

出来高とボラティリティー

今日は「出来高とボラティリティーの関係」に関するお話です。 皆さんはトレードをするときに出来高に関心を払っていますか。出来高と言うものは、この増減が売買シグナルになるような性格の指標ではないゆえ、アマチュアの方々には関心を払ってもらえない指標の代表格でしょう。しかし、出来高は相場つきを左右する重要な...

≫続きを読む

 

出来高とボラティリティー(2)

今日は「出来高とボラティリティーの関係」に関するお話の続きです。 前回は、「でも、これだけでは大いに利用価値があるとは断言できませんね。他にどんな使い道があるでしょうか。先ほど出来高は「相場つきを左右する重要な要素」であると書きましたが、この点ではどうでしょうか。」 で、終わってましたね。 以下は2...

≫続きを読む

 

フェイクアウト

皆さんはレンジブレイクと言う手法をご存じだと思います。また、多くの方がこの手法を試されたことと思います。代表的な手法としては「イニシャルレンジ・ブレイクアウト」があります。ご存じのとおり、寄り付きから1時間に出来た高値・安値のレンジの事をイニシャルレンジと呼び、このレンジを上か下かブレイクしたほうへ...

≫続きを読む

 

板の利用法

皆さんはデイトレされるときに板や歩み値から仕掛けや手じまいの判断材料になるような情報を得ようとされていると思います。でも、デイトレ実施回数が数百回以下の初心者だと、まだまだ「なんとなく」レベル以上の情報を得ることは難しいと思います。しかも、板をジ〜ッと見つめていると目が疲れて敵わんですよね。 では、...

≫続きを読む

 

寄り付きの仕掛け

デイトレードなのに、どうして寄り付きから仕掛けることができるのか。皆さんは、こんな疑問を抱かれたことはありませんか。 寄り付きの時点ではその日のチャートは全くできていないので、その日のチャートを利用してトレードをしているわけではない、と言う事はわかります。では、何を根拠に仕掛けることが出来るのでしょ...

≫続きを読む

 

ファンダメンタルズは必要か?

今日のテーマは「ファンダメンタルズ」。ファンダメンタルズって一体何んなのか。日経225先物のデイトレードにファンダメンタルズ分析が必要かどうかのお話です。この言葉は元々経済学の用語で、「経済の基礎的な事項」を意味しています。具体的には、マクロ的には国家レベルの経済指標やミクロ的には個別企業の財務状況...

≫続きを読む

 

相場は動かそうとする者がいるから動く

マーケットには支持抵抗線と言うものがあって、相場を動かしているトレーダーは、常にその位置を確認しながらトレードを行っています。即ち、支持線では新規の押し目買いと売り玉の利食い、抵抗線では新規の戻り売りと買い玉の利食いです。でも、皆さんは「これはおかしなことだ」と思いませんか。押し目買いも売り玉の利食...

≫続きを読む

 

伏線

 相場はこれを動かそうとする者がいないと支持抵抗線の間を往ったり来たりするだけで、レンジの上下限を上下するだけの実にシンプルな動きになってしまいます。いわゆる保合いと言う状況です。一方、意図的に支持抵抗線をブレイクすることで、相場参加者を刺激して相場を動かそうとする仕掛けが入る日もあります。もしこの...

≫続きを読む

 

当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。

受講生・会員ログイン


ホーム RSS購読 サイトマップ
ライブトレードセミナー 手法別セミナー 無料で学ぶ! FXセミナー 受講相談フォーム