すべてオリジナルのトレーディングツール

 トレイドエイドでは様々なトレーディングツールを開発し、積極的に個人トレーダーのパフォーマンス向上を図って、トレーダーとしての成功を後押ししています。

なぜ、トレーディングツールを開発するのか?

 コンピューターには『大量の記憶データ』『高速計算』の2つの武器があります。どちらも人間の能力と比較すれば圧倒的に強力で、どんなに優秀な人間もかないません。『大量の記憶データ』を『高速計算』能力を使って分析すれば、過去の『特徴的な値動きパターン』が現れやすい条件を洗い出すことができます。

 

 『特徴的な値動きパターン』とは『買われやすい』、『売られやすい』、『膠着状態になりやすい』などのトレードに役に立つパターンを指します。そして、相場の価格データを常時監視させれば、特徴的な値動きパターンが現れる条件が成立しているか否かが瞬時にわかります。

 

 コンピューターを味方につけてトレードしたほうが、マーケットで勝ち抜く可能性が飛躍的に高くなるのは自明の理。ですから、コンピューターの圧倒的能力をトレーディングに活用しない理由はありません

 

初心者でも正しいトレードができる!

 セミナー受講生のほとんどは、「うまくいかない自分のトレードを改善したい」や「トレードで儲かるようになりたい」と言う目的をもって受講されます。そのような目的をかなえるためには、以下の条件をすべて満たしている“正しいトレード”を行うことが必須条件です:

 

*正しい方向へ仕掛ける
*正しいタイミングで仕掛ける
*正しい位置で仕掛ける
*正しい位置で手仕舞いする

 

 ほとんどの受講生は、受講開始時点では「正しいトレード」を行うための知識も技術も備えていません。ふつう、成功しているトレーダーの大半は、数年間、人によっては10年以上もかけて、ようやく一人前になっています。つまり、それなりの知識とそれを生かす技術を習得するのに、試行錯誤を繰り返しながらだと、それだけの年数がかかるということです。

 

 しかし、シグナビライブに参加されている受講生の内何割かの人は、参加初日から実トレードで結果を出します。数週間で受講料を稼いでしまう方も少なからずいらっしゃいます。これは、ツールが上述の4つの条件をすべて満たした売買シグナルを出してくれるからです。

 

 何から始めるべきかをよく考えましょう。トレードで儲けるためには正しいトレードを行い、それ以外のトレードは行ってはならない。したがって、まず、ツールの売買シグナル通りに4条件を満たした正しいトレードを繰り返す。ここから始めて、正しいトレードだけを行えば結果がついてくることを実感として理解する。これを理解できれば、より正しいトレードを行えるように努力することは苦痛ではなくなります。このプロセスが極めて重要であり、そのためにはツールが非常に大きな武器になるということです。

 

 

13トレード手法の売買シグナル発動 『シグナビ』

相場のすべてのうねりを収益化するための13種類のトレード手法と5つのトレード戦略を搭載
全手法の売買シグナルをアルゴリズム化して自動的にチャート上に表示
日足・週足の重要支持抵抗線を自動的にチャート上に表示
自動発注システムと連結すれば、無人の自動売買システムとして運用できる

 

もっと詳しく知りたい ⇒ ここをクリック!

トレード手法パフォーマンス分析 『シミュレーター Sim−STD』

ローソク足の形状やフォーメーション、テクニカル指標、ギャップ幅、ピボット位置の組合せなどから、寄り付き以降の値動きを15分〜30分毎に分析してくれるトレーディングツールです。自動売買システム構築やトレード手法開発のための統計データ分析にうってつけのエキスパートシステムと言えます。
過去のデータを使って、任意の枚数と利幅・損切幅でトレードした場合のパフォーマンスをシミュレーションし、レポートを作成することができます。
寄付きで仕掛けるオープニングギャッププレー、15分〜120分までの5つのレンジブレイクアウトの運用パフォーマンスをシミュレーションし、レポートを作成することができます。

 

もっと詳しく知りたい ⇒ ここをクリック!

シグナビFOC 自動売買シグナル搭載(無料)

寄付きの仕掛けの売買シグナルは売り買いそれぞれ3パターンをデフォルトで搭載。
重要な支持抵抗線となる日足・週足テクニカル指標を表示する5分足チャート搭載。
自分で作った売買シグナルを組み込んでカスタマイズ可能
無料シグナビファンクラブ登録で無料で使えます。
岡三オンライン証券のRSSが必要となります。

 

もっと詳しく知りたい ⇒ ここをクリック!

自動発注システムPT(無料)

自動発注システム(autoexecutor.xlsm)はトレイドエイドが主宰する「日経225先物ライブトレードセミナー」等で行っている分割決済を簡単に素早く正確に行うために作られたシステムです。
この自動発注システムはシグナビFOCやほかのシグナル発動システムと接続ができますので、無人で自動売買シグナルに従って建玉して利益確定・損切の決済まで完結する自動取引ができます。
無料シグナビファンクラブ登録で無料で使えます。
岡三オンライン証券のRSSが必要となります。

 

もっと詳しく知りたい ⇒ ここをクリック!

『シグナビファンクラブ会員専用シミュレーター』(無料)

ローソク足の形状やフォーメーション、テクニカル指標、ギャップ幅、ピボット位置の組合せなどから、寄り付き以降の値動きを15分〜30分毎に分析してくれるトレーディングツールです。自動売買システム構築やトレード手法開発のための統計データ分析にうってつけのエキスパートシステムと言えます。
過去のデータを使って、任意の枚数と利幅・損切幅でトレードした場合のパフォーマンスをシミュレーションし、レポートを作成することができます。
寄付きで仕掛けるオープニングギャッププレー、15分〜120分までの5つのレンジブレイクアウトの運用パフォーマンスをシミュレーションし、レポートを作成することができます。
無料シグナビファンクラブ登録で無料で使えます。

 

もっと詳しく知りたい ⇒ ここをクリック!

無料トレーディングツール利用申し込み

提供中の無料トレーディングツール

以下のステップ1と2を登録の上、ステップ3から無料『シグナビ・ファンクラブ』へ入会申し込みください。会員登録されると同クラブ会員専用ページURLが配信されますので、同ページから当該システムのダウンロードを行ってください。

 

『自動発注システム』
『シグナビFOC』
『会員専用シミュレーター』

 

無料トレーディングツール利用登録手順
ステップ1 YouTubeチャンネル登録(無料)

https://youtube.com/channel/UCkCIblNfCA-MyhsKBsVPHNA?sub_confirmation=1

 

ステップ2 無料メルマガ購読登録

https://trade-225f.net このページ左サイドメニュ−最上部にメールアドレスを入力⇒「送信」ボタンをクリック

 

ステップ3 無料『シグナビ・ファンクラブ』入会申し込み

https://my.formman.com/t/3PkM/ ステップ1のYouTubeチャンネル登録したアカウント名とステップ2のメルアドを入力してお申し込みください。

 

『シグナビ・ファンクラブ』

誰でも無料で入会できます。会員特典は以下の通りです。

 

特典1 自動売買システムやシグナビFOCが無料で使える!
特典2 YouTubeの限定公開動画を見ることができる!
特典3 トレイドエイドのWebセミナーを割安で受講できる!
特典4 トレイドエイドの各種キャンペーンで会員価格の適用を受けることができる!

 

フリーソフト利用規約

トレーディングツール記事一覧

『シグナビ』は、以下の5つのトレード戦略に基づいて、それぞれの相場の局面で最適な手法の売買シグナルを発動し、これをチャート上に表示します。1.寄り付きと最初の30分間で初動を捉えよ! 直近3日間のローソク足形状や当日の寄付き位置から値動きデータを分析し、明確な優位性がある場合は寄付きと寄付きから約20分後以降にそれぞれ売買シグナルを出します。 下のチャートの1.GUR(黄小□)が寄付きの売りシグナ...

 ライブトレードセミナーで使用しているモンスターツール『シグナビ』の無料版ができました。 無料版と言っても、シグナビの大きな武器である日足・週足の支持抵抗線を5分足チャートに表示する機能や相場状況を示す各種インディケーターはそのまま踏襲。 また、戦略5の『短期逆張り手法ナベアツ』や戦略1の『オープニングギャッププレー』の売買シグナル機能も搭載しています。 更に、無料で使える『自動発注システムPT』...

項目説明注記@自動発注 トレイドエイド(以下「当方」)の自動発注システム−PT」(以下「当システム」)は当方が主宰する「日経225先物ライブトレードセミナー」等で行っている分割決済を簡単に素早く行うために作られたシステムです。今回配布するものはプロトタイプで最終版ではないことをご承知おきください。A自動売買 13種類のトレード手法を使ってデイトレードをナビゲートする「シグナビ」と連結すれば、シグナ...

 日経225先物のザラ場での値動きは、当日のギャップの大きさ、当日の寄り付き位置と重要な支持抵抗線との位置関係、直近数日間のローソク足の形状やフォーメーション、トレンドを示唆するテクニカル指標などに大きな影響を受けます。 寄り付いた時点で、その日が陽線になるか、陰線になるかが70%以上の確率で決まっていたり、ボラティリティが低下して膠着状態=ボックス相場になる可能性が高まったりします。この傾向をあ...


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
トップへ戻る