『簡単分析シミュレーター Sim−STD』

 ローソク足の形状やフォーメーション、テクニカル指標、ギャップ幅、ピボット位置の組合せなどから、寄り付き以降の値動きを15分〜30分毎に分析してくれるトレーディングツールです。自動売買システム構築やトレード手法開発のための統計データ分析にうってつけのエキスパートシステムと言えます。

 

 このシステムはマイクロソフト社のExcel上に作られていますので、同ソフトウェア上でのみ稼働します。当サイトではExcel2007以上で稼働することを確認済みです。

 

 以下は実際のシミュレーターの使い方が判る動画です。実戦に役立つとても興味深いデータを紹介していますので、ぜひご覧くださいませ!

 

毎朝の値動きシミュレーション例
二空を形成して寄り付き

三空を形成して寄り付き

 

支持抵抗線ブレイクでの値動き分析
日足−2σ下放れ

日足+2σ上放れ

 

シミュレーターの構造・仕組み−200円以上のギャップアップを例に解説

200円以上のギャップアップと5日MAを上放れの場合

長短移動平均線の並びがブルパターンの時、上窓・二空を形成して始まった場合

 

 シミュレーターのご購入はこちらから 
⇒ 
購入申込

 

 ご購入にあたってはご利用規則に同意していただく必要があります。代金を振り込まれた時点で、このご利用規則に同意されたものとみなします。

 

シミュレーターを使って見つけた驚異の勝率を誇る寄り付きパターンを無料公開! 買いと売りそれぞれ8パターンを公開中です。勝率は寄り成りで建玉し、一定時間経過後に成り行きで手じまいした場合のものです。 その中で、いくつかのパターンでは売りと買いと両方とも高勝率となる時間帯があります。つまり、時間帯によって仕掛ける方向を逆にして、利益を拡大することも可能になります。 従いまして、これは、誰がやって...

デイトレードで活用できる日経225先物の特徴的な値動きパターンを無料メルマガで紹介中!下はすでに配信済動画の一例です。1.値動きパターンにおけるオシレーターと窓の関係2.25日MAを上放れて寄り付いた場合です。「上放れ」とは、前日は同指標の下で引けて、翌日は同指標の上で寄り付いた場合を指します。<結論>*日足レベルで上昇トレンド発生中に抵抗線の25日MAを上窓を開けてブレイクすると、終日買われやす...


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。
トップへ戻る