シストレ動画セミナー

シストレ動画セミナー


最新!システムトレードのすすめ第2弾

デイトレードで活用できる日経225先物の特徴的な値動きパターンを無料メルマガで紹介中!

 

下はすでに配信済動画の一例です。

 

1.値動きパターンにおけるオシレーターと窓の関係

 

 

 

2.25日MAを上放れて寄り付いた場合です。

「上放れ」とは、前日は同指標の下で引けて、翌日は同指標の上で寄り付いた場合を指します。

 

 

<結論>
*日足レベルで上昇トレンド発生中に抵抗線の25日MAを上窓を開けてブレイクすると、終日買われやすくなる。
*同様に、下降トレンド発生中だと、寄り付きパターンにあまり関係なく、寄り付き直後に一旦押し目を付けやすくなる。

 

3.5日MAを上放れて寄り付いた場合です。

 

 

 <結論>
*日足レベルで上昇・下降トレンド発生中に抵抗線の5日MAを前日レンジ内で寄り付いてブレイクすると、終日買われやすくなる。
*日足レベルで下降トレンド発生中に抵抗線の5日MAを前日レンジ内で寄り付いてブレイクすると、寄り付き直後30〜45分間は売られやすくなる。

 

4.日足+2σを上放れて寄り付いた場合です。

 

 

<結論>
*日足+2σを上放れたら終日売り目線で臨むべき

 

シミュレーターの構造・仕組み−200円以上のギャップアップを例に解説

 

200円以上のギャップアップと5日MAを上放れの場合

 

長短移動平均線の並びがブルパターンの時、上窓・二空を形成して始まった場合

 

他にもたくさんのデータを無料メルマガで公開中です。
購読は左メニュートップのまぐまぐへ登録してください。

無料シストレ動画セミナー

 当サイトのトレードセミナーで学べる寄り付きのトレード手法『オープニングギャッププレー』は、シミュレーターで分析した統計データを基にしてつくられています。この手法には売り買いそれぞれ30、合計60の必勝パターンがありますが、その中のひとつのシグナル発動条件がどのようにして作られたかを、順を追って克明に解説しています。

 

セミナーの動画で分析している『200円以上のギャップアップで寄り付いた場合』のシミュレーター・データをダウンロードできます。

 

エクセルファイルをダウンロード

 

(2017年3月更新)

これがシミュレーターの必勝パターンデータ

 

当社オリジナルのデータ分析ツール『シミュレーター』の機能、及びギャップアップ幅が200円以上の場合のデータを公開しています。

 

ギャップ幅を変えてみる

 

シミュレーターを使って、ギャップアップの値幅とその後の値動きパターンに相関関係があるかどうかを検証しています。

分析対象期間を変えてみる

 

シミュレーターを使って、年度別のデータを検証しています。特定の期間のみの傾向であれば、手法として成立しないからです。

移動平均線の並び方を加味

 

移動平均線の並び方を加味した場合のデータを検証しています。移動平均線は、トレンドを把握するために有効なツールです。

前日の寄り付き位置の影響

 

前日の寄り付き位置と組み合わせたデータ分析を紹介しています。このデータを加味することで、手法の優位性が高まります。

手法のパフォーマンスを調べる

 

『寄り付きの仕掛け』シリーズの最終回。シミュレーターを使って、手法のパフォーマンスを検証しています。


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。

受講生・会員ログイン


ホーム RSS購読 サイトマップ
ライブトレードセミナー 手法別セミナー 無料で学ぶ! FXセミナー 受講相談フォーム